湯布院ロータリークラブ

会長挨拶ならびに本年度方針

  • 代替画像

    2020~2021年度会長 吉村 幸治

    今年度、クラブは創立30周年を迎えます。
    1991年(平成3年)6月13日創立総会、6月26日に地区内70番目のクラブとして
    湯布院ロータリークラブがRIより承認されました。
    会員数25名平均年齢42歳でした。
    創立時会員4名を含めて会員数12名平均年齢65歳となっています。
    しかし、この間、元会員も30数名います。在籍年数はそれぞれですが、ロー
    タリアンとして、クラブのささやかな奉仕プロジェクトに参加をしていただい
    た同志です。
    RIクラーク会長はテーマを「ロータリーは機会の扉を開く」を
    発表されました、又、会長はロータリアンになるにふさわしい年齢と云うもの
    はありません、それに、ロータリークラブに適正な規模の会員数というのもな
    いと言っています。
    だが現実として会員の高齢化、又、負担増でクラブ運営のあり方を考えたと
    きに、硯川ガバナーの地区テーマ“ロータリーは無限の可能性、情熱で夢を未
    来に届けよう”と発表されましたが、創立30周年の節目に、それを実現できる
    のか心配です。
    この一年は“クラブの存亡を考える”一年にしたいと思います・